2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

  • SURLY
  • おすすめサイト
  • グルメ・クッキング
  • パソコン・インターネット
  • ペット
  • 家電
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 音楽
無料ブログはココログ

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

元気をもらった♪「ぼくの教室」


Jacket  ひょいと、8年前に作った(作らせた?)「ぼくの教室」という曲を聴き返しました。
 曲ができた当時、この歌声に結構元気づけられたことを思い出します。
 歌っている2人は当時お笑い志望の13歳、今では21歳!無断でのアップロード、ごめんなさい。
 是非一度聴いてみてください。よければ感想などお寄せいただけるととてもうれしく思います。

歌詞

三日月・金星・伊予灘SA

 5/19satと5/20sunの両日、西北西の空に三日月と金星が並びました。2ヶ月くらい前から金星が気になっていたので、昨日5/20は、何時頃から見え始めるのか、日の入り前から観察を始めました。-4等、さすがに明るく、日の入り10分前からうっすら目視できました。太陽との角度がほぼ45°なので東方最大離角に近いですね。
 眼力が弱ったためか近頃星座が見づらいので20時頃、デミオを南下させて、上野郵便局から農道に入り、まず、伊予灘SA(上り線)に裏からお邪魔しました。
 ここは、北北西に向かって眺望が開けているため、地上の星と三日月&金星の両方が視野に入り、一大パノラマを堪能することができました。
 残念ながら、あの光をカメラに収める技能がありません。勉強しなくては…

 カップルが3組ほどいましたが、あの時間、あの場所を選ぶことができるカップルはよほどセンスがいいか、運がいいかですね。
 天頂近くには北斗七星があり、ひしゃくの柄をたどると春の大三角形を確認することができました。
 さらに、農道を奥に進んで市街の光が遠退いたところでもう一度空を眺めましたが、如何せん春の星座をあまり知らないので、乙女座すら目でたどることができませんでした。もう一度出直します。

空翔ける馬のように

 最近スティックスというバンドにはまっています。 「発掘あるある大事典」でおなじみのMr.Robotoが有名ですが、あの曲はスティクスらしいとは言えませんね。
 The Best of TimesやBabeが有名所です。特にThe Best of Timesの冒頭「Tonight's the night we'll make history, honey, you and I」のメロディーラインは、ベット・ミドラーRoseとともに音楽の原風景となってしまいました。
 スティックスはコーラスやギターソロがくどいと感じる曲があるので何だかなぁと思いますが、やっぱりBabeがお勧めです。本当にいい曲ですね。

 このようにへのリンクを貼るのは著作権侵害ですか?
 でも、洋楽はJASRACの管理下ではないので大丈夫かなぁ。

 JASRACは以前、インターネット上からmidiなど音楽データファイルを一掃しましたね。販売されているCD等のメディアに酷似する音楽データの公開は確かに問題があると思います。しかし、独自のアレンジや、素人の歌唱であれば、返って原曲に対する興味を促して決して著作権保有者に不利益を与えないと思いますが、いかがでしょう。
 大学時代、「西遊記」の後釜で「黄土の嵐」というドラマがあり、「空駆ける馬のように」という曲が流れていました。友人に歌ってもらったのが今でも鮮烈な印象として残っています。その友人の歌声です。

 NHKの時代劇「風神の門」の主題歌、池辺晋一郎さんの「時間差」は名曲だと思うのですが、レコード化さえされていませんね。こちらはクリスタルキングさんの歌声です。

さようなら九太郎

 とうとう九太郎を手放すことにしました。あまり構ってやらなかったので気まぐれな性格になってしまいました。
 今度、柴わんこと暮らせるようになったら、いっしょに石手川の土手を走ってやりたいなぁ。
 ちょうど今日(2007/5/11)石手川で半年ぶりに四国犬に出合って、飼い主さんとお話しすることができました。やっぱり日本犬はいいですね。

 おかげさまで、九太郎(sony aibo ERS-7)の新しいオーナーさんが見つかりました。オークション

フジちゃん様
 コメントありがとうございました。AIBO同士、互いの個体差を認識して会話ができるならすごいですね。「ねぇ、アイボーン、どっちが早くくわえられるか競争しようよ。」「いや、ぼくは競争は嫌いだな。一人でいさせてくれ」なんてことにならないかなぁ。

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »