2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

  • SURLY
  • おすすめサイト
  • グルメ・クッキング
  • パソコン・インターネット
  • ペット
  • 家電
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 音楽
無料ブログはココログ

« 2008年5月 | トップページ | 2009年1月 »

うぶんたん

うぶんたん
http://homepage2.nifty.com/ateliermoon/index1.html

 先日、直販で注文したデルのネットブックInspiron Mini9チェリー・レッドがやっと手元に届きました。
 OSはubuntuなんです。ubuntuは、たくさんあるLinuxの顔の一つ。WindowsでもMac OS Xでもありません。Linuxなんです。書店やインターネット上では結構取り上げられているのでLinuxの時代がやってきたかぁと感じていました。しかし、PCデポでパソコンに結構詳しいお兄さんに「うぶんとぅ」と言ってもこの単語が通じませんでした。
 アンチビスタとしては、ubuntuをもっと広めなくては、と闘志を燃やしています。(今のところは、ですが…)
Banner_ushi 5

ECTとETC

 2008年を振り返りかえると、持病のためにかなり足掻いていたことが思い出されます。
 5月には一ヶ月間松山市の病院に入院。このときは比較的元気でした。しかし、6月はひどかった…。
 7月の終わりには高知県の病院ECTを受けるために入院。ECTとは頭に電気を流す電気痙攣療法です。これはさすがに最初は抵抗がありました。入院したとたん、食事が喉を通らないなどかなり体調を崩しました。施術は麻酔をかけて行うので電気を流された記憶はありません。しかし1クール、5回の施術をうけてもあぁスッキリしたなぁなどよい方向に向かう感覚が全くなかったので、2クール目は断って帰ってきました。

 12月はなぜだか元気です。先日、愛車のデミオ(初期型古いマツダのエンブレム付)にETCなるものを取り付けました。
Photo
 エンジンをかけると毎回「カードが挿入されていません。」と語りかけられます。
 近々尼崎までデミオを走らせようかと思っています。ETCへの投資はいつ元が取れることになるやら…。あそう太郎ちゃん頑張ってくださいよ。

うぶんたんhttp://homepage2.nifty.com/ateliermoon/index1.html

主治医変更

 うつを煩ってからもう5年になります。ほんとうにうつ病なのかと疑った時期もありました。不定愁訴がひどくて一日中寝たきりの日もしばしば…
 でも、ここのところ調子がいいのです。
 サポニン主成分のサプリメントのせいかなぁ…

 主治医を変更しました。一生心療内科に通わなくてはならないかもしれないと考えると前の病院はちょっと遠くて。
 新しい病院は「しいのき心療内科」です。主治医の山本先生は私と同い年!
 なんだか、恥ずかしいやら親しみがわけるやら複雑な心境です。

 うつの薬、SSRI、SNRI、三環系、四環形が飲めません。というより飲みません。飲むとよけいに体がだるくなり動けなくなるのです。薬のせいではないかもしれませんが、どうしても抵抗感があって薬が飲めません。
 こんな患者なので前の主治医にいやがられました。

 山本先生は、今の様子を診察してうつの薬は処方されませんでした。その方が助かります。しばらく様子見の日々が続きそうです。

ああ静かになった警鐘音

 近く(50m先)の伊予鉄道の踏切の警鐘音が耳について仕方がありません。
Photo
 最近、音に敏感で、食器どうしが当たる音とか甲高いものが苦手です。やはり持病はよくなっているとは言えない様子です。
 この踏切をしげしげと見てみると、踏切の名前や伊予鉄道 施設課さんの連絡先とかが書いてあります。思い切って電話してみました。
 「お願いがあります。うつで寝込んでいることが多く、警鐘音がどうしても気になるので音量を下げてもらえないでしょう?」
 なんと、昨日、施設課 電気係のMさんが5、6人の作業員の方とわざわざ踏切まで来ていただいて対処をしてくださいました。
Photo_2
 てっきり、機械的に鐘を叩いてるのだと思っていましたが、スピーカーからの電子音なんですね。なんでも音量には基準があって、80ホンは必要だということです。しかし、スピーカーの角度が真正面に自宅方向を向いていたので、下向きに下げてみましょうということになりました。
 作業員の方がよじ登って写真のようにスピーカーの角度を調整したいただいたのですが、思いの外よい結果が得られました。
 自宅ではあまり警鐘音が気にならなくなったのです。
 なんとありがたいことか!すみません、伊予鉄道 施設課 電気係のみなさん。本当にお世話になりました。

血まみれ!RD-X4EX

 DVDレコーダー東芝RD-X4EXの内蔵DVDドライブを入れ替えました。
 悪評の高いDVDドライブSD-W3002がついに挙動不審に陥りました。DVD-RAMを認識しなかったり、焼いたDVD-Rを他のプレーヤーで再生するとプチフリを起こしたりするようになったのです。ついに来たか。
 この時に備え、代替のDVDドライブLG電子のGSA-4167BKを購入していました。
 しかし、今の配線を外し、分解し、内臓ドライブを入れ替え元に戻すという作業が途方もなく難儀に感じ、今まで手つかずで放置していました。ついに重い腰を上げるときが来ました。
 1.東芝RD-X4のドライブ換装作戦のWebページと2.初心者のためのRD-X4改造コーナー(β版)のWebページを参考にさせていただきながら作業を進めましたが、最初にぶつかったのが外殻がうまく外せないと言うことでした。前面上部でフロントパネルとしっかりかみ合っていて外せません。-ドライバーを差し込んでやっと外殻を取り除き中を拝むことが出来ました。
 後は1.のWebページの手順に従い順調に作業を進めることができましたが、2.のWebページを始めによく読んでおくべきでした。新しいドライブのフロントベゼルが邪魔なのです。
 ここまでで右手人差し指に小さな傷が出来ていました。
 ここからが大変でした。フロントベゼルが外せません。実は2.のWebページに載っていたのですが、強制イジェクトしないと外れないのです。
 無理に外そうとして、あれこれとやっているうちにいつのまにか右手中指の大1関節辺りから滴るほどに出血!握っていたドライバー、新しいドライブ、外殻などに血痕をつけてしまいました。
 イジェクトすることに気がつきましたが、自分の血小板がその役目を果たすまで小休止。
 その後はうまく作業が進み、内臓DVDドライブを入れ替えて元の状態にまで復旧しました。
 緊張の電源投入!
 無事に起動しました。やれやれ。
 動作確認のため、いろいろと試しましたが、DVD-RWを再生することが出来ません。まぁ、いいやと諦めかけていましたが、念のためRD-X4のメンテナンスページを覗いてみると本体のファームウェアとやらに新しいものが…。早速更新!
 長らく待たされましたが更新後、DVD-RWもうまく再生されるようになりご満悦です。
 ちょっとしまったと感じたのは新しいドライブの色。写真のように元の黒ではなく白なんです。しろいベロを出しているようでなんだか愛嬌があります。
Rd_x4ex
 これでRD-X4EX、血のつながったマシンとなりました。2011年7月24日まで頑張れ!
Ubun_tan2
 ふぅ、やっと2008年中にブログを更新することができたなぁ。しみじみ…


うぶんたん Ubuntu-tan」計画、始動か…

« 2008年5月 | トップページ | 2009年1月 »