2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

  • SURLY
  • おすすめサイト
  • グルメ・クッキング
  • パソコン・インターネット
  • ペット
  • 家電
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 音楽
無料ブログはココログ

« 2009年2月 | トップページ | 2009年11月 »

50kmチャレンジ遠足

2  第50番札所繁多寺(俗名ファンタジー)近くにあるK中学校で「50kmチャレンジ歩行」復活という情報が入ってきました。
 復活というのは、開校以来続いていた行事が一度途絶え、10ぶりに再開されるそうです。途絶えていた理由の一つは、アナフィラキシーショックとか?!
 ちょっと見物しようと思って出かけましたが、生徒はam6:40にスタートしたそうで、時すでに遅く、壮大な(荘厳な)歩く長蛇の列を見ることはできませんでした。ただ、保護者や地域の方のサポーターを多く見かけ、以前よりもかなり大がかりになったなと感じました。小雨がぱらつく中、生徒たちの元気に歩いていった姿を思い、感じ入りました。

 このような長距離歩行の行事を行っている中学校は、昨今では少なくなったように思います。
 K中学校のチャレンジ遠足には縁あって、10数年前に800名くらいの生徒たちが目的地を目指してただひたすら歩いている光景を目にしたことがあります。

Photo 他の学校とひと味違うのは目的地。標高差およそ850mある高縄寺で折り返すというコースです。平坦では無いんです。最初から緩やかな上り坂のR317、後半は急峻な登山道です。
 教育的な観点云々はさて置いて、緑をバックに黙々と(会話も少々)歩き続けるその光景がとても印象的でした。 ただ歩く、それだけです。 弁当もおにぎりだけ。途中北条方面の海が見えてきますが、高縄寺は木々の中ひっそりとたたずんでいます。何のために歩くのか。そこに理由はいりません。
 *ここまで来ないと見えない風景がある。
     ここまで来ないと見えない力がある。
 
 一見、無意味とも思えるこんな行動は人間だけにできることですね。
 これからも伝統行事として途絶えることなく続いて欲しいものだと思います。
 以前は「チャレンジ遠足」という呼称で通っていましたが、「遠足」がおそらく「お楽しみ」を連想させるので「チャレンジ歩行」に替わっているみたいです。でも「遠足」とは本来「遠い道のりを歩くこと」ですから、そのままでよかったのでは?
 チャレンジ遠足、ここにも何かしら宇宙(森羅万象)を感じます。
Banner_ushi

癒し家

0  久しぶりに外出したら、いつの建物の張り紙に目が釘付けになりました。「癒し家
 窓に張られている言葉を読んでください。ふらふらと惹かれてしまいました。
 おずおずと中に入ってみると結構、和風で和やかな雰囲気。ご夫婦とお弟子さんがおられ、気さくな感じでいろいろお話を聞いたり、体の不調を聞いてもらったりしてきました。手をあててもらっているとじわじわと暖かくなる。これは、相手の体温ではなくて自分の体の中が暖かくなっているんだなぁと実感しました。
 曰く「頭痛は薬のせいですよ。」、そう、抗うつ薬はさんざん試したあげく、結局飲めなくなって脱落していった経緯があります。
 予約をとって翌日、60分コースで気功と整体、そして手作り抹茶チョコレート&お茶で癒してもらいました。スーッとからだが軽くなった感じ。でも、そのあとパソコンを触っているとまた体の不調が戻ってきました。
 現在は、新しい抗うつ薬リフレックスとなんとかうまく付き合う術を模索しながら、ときどき整体、ときどき運動、そして長時間パソコンといった生活です。リフレックス、分類名はNaSSA、NASAに似ているので宇宙を連想させます。「気功」という言葉もなぜだか宇宙を連想させます。宇宙を連想させるものには興味津々です。
 でも、やはりパソコンは心身の不調の元凶ですね。と言っても新しいPC、新しいモニターEIZO EV2333W-HGYを前にするとどうしても長居をしてしまいます。
 おっと、ここまで、一休みしなくては…
Photo_2    2_2 Banner_ushi

探検、ジュンク堂書店

 紀伊國屋書店閉店というややショッキングなニュースを耳にしたのは3ヶ月前か?
 ジュンク堂書店松山店にはじめて足を踏み入れた。
Junk1  レジは1階のみらしい、紀伊國屋さんと違って平積みがほとんどない。さてさて品揃えは?
 すぐ近くのヤマハ松山店に寄ってきたので音楽雑誌を探してみた。「DTMマガジン」が見あたらない。店員さんに聞いてみた。しばら~く待たされて「売り切れのようです。お取り寄せになります。」との返事。ハテ売り切れるような雑誌ではないぞ。エレベーターに向かう。6階まで売り場があるようだ。

Junk6  6階は医学書専門、「外商サロン(会員制)」とある。おずおずと足を踏み入れた。ちょうど店員さんが現れたので会員制について聞いてみた。会員になるのは無料とのこと。会員にならなくても本を探したり、購入したりできるみたい。会員になるとどうなるのか?
 検索コーナーがあったので操作をナビしてもらった。データはまだ入力中だそうだ。

Junk4  興味があったのは4階。理工・コンピュータ・芸術。どれも興味がある。Macコーナーがあり、その横にDTMコーナー。気が利いている。ちょっと待ってplay back♪、DTMコーナー!、あった、「DTMマガジン」2冊。「オイオイ店員さん」つぶやいた。
 サプライズは、「MSXマガジン」。えっ、こんな雑誌がこの世にまだあったのか!懐かしい、懐かしすぎる。3,4台は持っていた。Cubase関連の本も一通りある。
 PC関連の書籍も以前の紀伊國屋さんより豊富かな。リナックスから随分遠退いてしまったので下の本を今度買おう。

Banner_ushi

アンチセブン かっ!

 メインPCのクラッシュと時をいつにしてWindows7の販売が開始されました。先ほどNHKニュースでも報道されていて(Macの雪豹デビューが報道されなかったのは不公平だな)、起動が10秒早くなったとか。アンチビスタとしては、ビスタが葬られたことにうれしさとちょっと寂しさを感じますが、7は買いませんね。3,000円なら買いますが…
 ブログのタイトル「アンチセブン」にへんこうするか、ん~、今一しっくりこないなぁ。

 みなさん、なぜ行列を作ってまで買い求めるのか理解できません。
 Twitterは昨晩0時頃、7購入のつぶやきが多くて「over capacity」って苦しがっていました。

 クラッシュしたメインPCに替わって新しいPCは、WindowsXPです。DTMでCubaseというソフトを使うので、安定・安心して使えることが第一条件です。
 学校現場などでビスタを導入した所はどう思うかなぁ。7とビスタ、核の部分はほとんど同じですが、経験では7の方がXPとの互換性が若干高い(劣性遺伝みたいに)。でも起動は…、使っているうちにどんどん遅くなっていきますよ。
 君子危うきに近寄らず

ブログネタ: あなたにとってWindowsの魅力ってなに?参加数

ついに来るべき時がきた!メインパソコン、クラッシュ!!!

Pandra1000  あぁ、ついに昇天しました。メインパソコン
 Windyの自作キューブベアボーンPANDORA 1000にマザーボードAOpen UX4SG-1394が入っていたものです。
 静音PCを目指して外付け電源にしましたが、HDDとともに電源部からも音がし始め、まったく静音とはいえない状態。そろそろ壊れるなぁと思っていたところです。
 それにしても、時はいきなりやってきますね。
 昇天を覚悟してデータをバックアップしている途中でのクラッシュです。およそ一ヶ月の分データを失いました。あと一度でいいから起動してくれー

 OSはWindows2000でした。メモリを1Gに増設し、DVDドライブも換装してまだまだ使うつもりでいたのですが、ふぅ、ため息ばかりです。

 本体は2005年頃のスペックなのであきらめますが、筐体の中で冬眠に入ったオーディオボードAudiophile 2496がもったいない。グラフィックボードELSA GLADIAC 544 AGPは、ついにWIDE画面を表示する機会なく終わりました。

 新しいPCを用意していたのが救いです。でも、新しいPCにソフトをインストールし直したり、外付けオーディオボックスの設定など、面倒な作業が山積みです。ふぅ。

« 2009年2月 | トップページ | 2009年11月 »