2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

  • SURLY
  • おすすめサイト
  • グルメ・クッキング
  • パソコン・インターネット
  • ペット
  • 家電
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 音楽
無料ブログはココログ

« 2009年10月 | トップページ | 2010年2月 »

石手川散歩、やんちゃな豆柴

 本当に久しぶりに石手川沿いを散歩してきました。一年ぶりくらいかな。

Photo_2

 いっとき工事中だったのでどう変わったのかと見てみると、短い距離だけれど遊歩道が整備されていました。
 それにしても今日はぬくかったです。11月5日かぁ。そろそろ年賀状が頭をよぎるのですが、住所録がクラッシュしたPCの中。トホホです。

Photo_3  散歩でワタクシにとって大発見がありました。柴の子犬らしいワンコ。優しそうなおばさんにつれられていたので声をかけてみました。「柴犬ですか?」「いいえ豆柴なんですよ。一応血統書付きなんです。」「何ヶ月ですか?」「4歳なんですよ。これ以上大きくならないんです。」
 知りませんでした。豆柴は、単にちいさな柴犬のことを差し、豆柴と言われて飼ってみると大きくなってしまうこともあると認識していましたが、違うのですね。豆柴は血統的に固定されている犬種で柴犬とは別だったのですね。初めて知りました。
 近寄ってみるとさすがは柴犬由来、結構やんちゃっぽい機敏な所作を見せてくれました。

 かねがね柴犬と暮らしたいと思っているのですが、豆柴なら室内でもなんとか飼えそうです。でも、本来は外で飼う犬ですね。抜け毛も多いとか。犬が一緒だと持病もよい方向に向かってくれると思うのですが、自宅が犬にとっては芳しくない環境なので今のところあきらめています。

3

Banner_ushi

ブログネタ: あなたはイヌ派、それともネコ派?参加数

OH MY SOLDIER vs IN TERRA PAX

 11月、各学校では文化祭や合唱コンクールが行われています。
 合唱コンクールと言えば、特に思い入れのある曲があります。
 「OH MY SOLDIER」と「IN TERRA PAX
 荻久保和明氏の混声合唱組曲「IN TERRA PAX―地に平和を」の第2曲と第5曲

 今日は、ひさびさに「IN TERRA PAX」を某中学校で聞いてきました。
 荻久保カラー炸裂の難曲ですね。この曲のピアノ伴奏は難しい上に、どう聞いても合唱を邪魔している。氏曰く「歌も旋律、ピアノも旋律、リズムも旋律、すべてが旋律でできたような曲」、まさにその通りで大好きな曲の一つなのですが、この歌で優勝したことがないという伝説の曲でもあります。サビから入る「インテラパーーク地球に愛を ぼくらに夢を」の部分がキャッチーなのでこの歌を選曲することが多いのでしょうね。
 しかし、「とくとくと」「不思議なリズム」のあたりは、まさに不思議な伴奏と歌のかね合い。ピアノが鬼畜すぎるという声もあるほど。今日聞いた生徒たちもなかなか苦労した様子。
 個人的には、「人は生きる 鳥も 木も 草も」からサビにつながるところ。あの「草も」のあとにピシッと休符が入ると最高なんですが、どの合唱を聴いてもあそこをつなげちゃうんですよね。「鳥も 木も 草もっ Photo  インテラパーーク」と一旦溜めてから一気にサビへと攻めていくと休符の余韻がえも言えずカッコいいのになぁ。

 もう一つの「OH MY SOLDIER」ですが、こちらは、男声部が生きる名曲だと思います。短調の曲なのであまり歌われていないように思いますが、「オー マイ ソールジャー 帰らぬ命…」と歌い上げるサビも「空よ 果てしない空よ」で始まる出だしも一度聴いたら忘れられないでしょう。
 ただ、男声部はNHK合唱コンクールやグリークラブのような鍛錬した声よりも、もっと中学生らしいワイルドさが残っている声の方が好みです。過去に聞いた「OH MY SOLDIER」の男声部で最もカッコいいと思った歌声が残っていました。フォルティッシモの迫力もさることながらピアニッシモに鳥肌ものの包み込むような優しさが感じられます。これはmp3では無く、生で聞かないと伝わらないですね。でも、よかったら聞いてみてください。男声部に耳をすませてくださいね。(他のパートやピアノには耳をつぶって)

ブログネタ: 「卒業」と聞いて思い浮かぶ曲は?参加数

« 2009年10月 | トップページ | 2010年2月 »